子供が遊びも勉強も頑張ることができる家を建てる方法

子供がのびのび育つ家に必要なこと

子供が遊びも勉強も頑張ることができる家と聞いて、どのようなイメージが浮ぶでしょうか。日当たりのいい明るい家かもしれません。それとも、落ち着いて集中できる子供部屋でしょうか。まずは、しっかり睡眠がとれる静かな寝室や、たのしく食事ができ、家族とちゃんと目を合わせて食事や会話ができるリビングダイニングの配置も大切でしょう。

また、子供が部屋に完全に孤立しにくい、適度にプライベートを守り適度に家族とのコミュニケーションをとることができる間取りを意識することも大切です。家での暮らしが快適であることがのびのび育つ土壌となり、遊びや勉強への意欲にもつながっていくでしょう。また、子供がのびのび育つためには、親側の心の余裕も大切になります。たとえば、子供が思いきり遊んで泥だらけになって帰ってきても、洗面室が玄関のすぐそばにあれば、床が汚れることに神経をとがらせずおおらかに見守ることができるでしょう。

完全に区切らない空間が自立をはぐくむ

勉強を頑張れるポイントには、分からないところがあったときに、すぐに親に聞くことができる距離の近さにもあります。あらかじめカウンターなどを作らなくても、子供が勉強するスペースを見込んでおけば、そこに机を持ち込んでもスタディコーナーが出来上がります。机をデスクトップパネルで個室ブース化できれば、より集中しやすくなるでしょう。距離の近さもあるために、すぐに聞いて勉強の続きを進めることができます。

また、すこしのスペースでも屋根裏部屋のような子供がワクワクする場所があれば、小さな頃には子供たちだけで遊んだり、大きくなってもブックスペースなどにして本に親しむきっかけを作る場所にもなります。階段にちょっとした踊り場などを設けるなど、ちょっとしたスペースを家中に散りばめておくことで、子供が自由に発想して遊びにも勉強にも活かすことができる居場所が生まれます。

子供たちが満足できる家造り

年を取っても安心できる家造り